指導姿勢

「まず自分で考える・まずやってみる」

学校の授業のように「全部教えてから解かせる」という形式は基本的に取りません。
もちろん大事なことは言います。ポイントは押さえます。
でも、まずは頭を働かせて理解しようとするところから始めます。
それは予習の範囲でも同様です。
まずは解説を読んで自分の力で理解できるか、というところからです。
過保護な指導はいたしません。(生徒によりますが)

朋友アカデミーは集団塾ではなく、個別指導塾です。
だから、もうすでに理解できている範囲なのに
周りに合わせてなぞるといったような無駄な時間は作りたくありません。
わかるところはサラッと、つまづくところをしっかりゆっくり丁寧に。

限られた時間で効率よく、できるだけ多くの問題演習に取り組みます。
結局それが理解・習得への一番の近道です。
いくらわかりやすい説明をたっぷり聞いても、それだけでは理解しきれません。
目と手と頭を使うこと。
受動的ではなく能動的、自主的、主体的に取り組むことが大事です。

「これ、学校でさっぱりわからなかった」と言った子も、
「もう一度解説をしっかり読んで、できそうなら次の問題をやってごらん」と言うと、
案外できたりするものです。
もちろん、その場合でも、理解度のチェックは○✕だけではなく、いろんな角度から。

伊丹西野の学習塾・朋友(ほうゆう)アカデミー

072-741-0085
「味のれん」裏すぐ、「毛野内科循環器科」2階

【高校】

伊丹北高校・伊丹西高校・県立伊丹高校・市立伊丹高校・尼崎稲園高校

【中学校】

天王寺川中学校・伊丹東中学校・松崎中学校

【小学校】

桜台小学校・池尻小学校