2月19日に公立高校推薦入試の合格発表があり、めでたく
朋友アカデミーの生徒が「尼崎稲園高校」に合格しました。

今年の倍率は2.14倍。去年度の1.89倍よりもぐっと狭き門でした。

今回は、その難関を乗り越えた生徒のお話をしたいと思います。
私がこの朋友アカデミーに赴任したのが去年の5月ですので、
その子とのお付き合いは約10ヶ月ほどです。
短い期間ではありますが、その間に感じた
その子の<長所・強さ・魅力>についてお伝えします。

🌸本が好き🌸

小さい頃から読書が好きだったそうです。
本格的に夢中になったのは小学4年生の頃で、読書好きの
友達と一緒によく本を借りに行っていたそうです。

「読書をしなさい」という教育は一般的ですが、
この子のような生徒を見ると、その正しさをまざまざと感じさせられます。
朋友アカデミーに通っている他の中学3年生を見渡してみても、
読書が好きな子が多く、そのそれぞれが非常に聡明で、成績が良いです。
そして何より、言葉の使い方が上手で、お話も流暢です。
やはり読書の習慣が子どもに与える影響は大きいのでしょう。

🌸思考が柔らかい🌸

数学の演習時、特に驚かされることがあります。
それは、「解法が個性的だ」(=「型通りには考えない」)ということです。
かと言って、遠回りな解法に時間をかけてしまうような非効率なものではありません。
(そういう場合は、自ら修正して別の解法を見つけられるはずです)

特に数学の思考力・発想力が問われる問題についてですが、
教材付属の解答書に書かれてあるものと
同じ解き方で解くことはほとんどありません。
もちろん、私の解法と異なることも多々ありました。
その子独自の、『エッジの効いた』解き方を毎回繰り出していきます。

この柔軟な視点・思考・発想は、推薦入試の問題に向いていたのだと思います。
限られた情報から、いかに効率的な解法を見出し、解答を導くか。
この子の個性を最大限に活かすことのできた入試だったと思います。

続きはまた今度です。
お楽しみに^^♪