勉強で大切な事―それは煎じ詰めれば結局のところ”繰り返しの学習”だと思います。言葉にしてみれば単純ですし、すでに実践していることでしょう。しかし「本当にすべきこと」を「適した分量とふさわしい方法でしているか」これらがずれていては結果に結びつかない。今の繰り返しの学習を見つめ直して、「高い意識でどう繰り返すと良いのか」を出発点にしてこの期末テストで修正していくことにより得点力向上を目指したいと考えています。

例えば、

“キリンの首の本数は?”という問題があったとします。(これはあくまでもたとえ話で今回のテスト範囲とは全く関係ありませんが…)”7本”だけを繰り返し暗記していても意味がありませんね。そこで”キリンの首の本数=7本”を暗記しようと、繰り返しそのページの問題を解いたり、書きまくったりすると思います。大事な勉強は、”拡げて””繰り返す”という学習です。どういうことかというと他の動物の首は何本なのか?という疑問を持つことです。自分(人間)だったら?犬だったら?実は哺乳動物のほとんどは首の骨が7本なんですね。こうして拡げると理解の落とし込みが深くなる分、純粋な暗記の負担が減ります。同じことを繰り返す学習ではなく”拡げてみる”―がんばりましょうネ。

2016_0526.JPG