イメージ画像

朋友アカデミー今週の様子

board.jpg

10月21日(月)

生徒や先生方の様子など、学校の雰囲気を直接感じ取るために実際に自分の足を運んで、オープンハイスクールや学校説明会に参加することは、次の3年間の生活の舞台(ステージ)となる場所を吟味する意味でとても大切です。先週末19日(土)伊丹市の某公立高校学校説明会が行われ、それに参加してきた生徒がその学校に惹かれ、推薦からチャレンジしたいと申し出てきました。「小論をがんばる」と張り切っていました。入試は推薦だけで終わるとも限りませんので、小論に絞りこまずに教科学習も平行させながら一般入試に向けての実力や内申の向上にも力を入れてくださいね。

 

10月22日(火)"ノートと頭の中"
女性講師A先生はいつもとても見やすく丁寧な字で板書してくださります。板書だけでなく、指導の記録シートにも、細かく生徒の状況をわかりやすく報告してもらってとても助かっています。生徒のノートもその影響でとてもきれいにまとまっています。ノートの文字や内容のまとまり具合は、頭の中の整理に繋がっているのではないでしょうか?後から何をやったか思い出せるノート、どこまで理解できているのか判断できるノート、正しいノート使い方、まとめ方は学習の大切な要素で成績向上に寄与していると考えています。

 

10月23日(水)"ノートと頭の中"
授業後、3人で講師打ち合わせをしていました。若手男性H講師の授業では、よく「なんでかな?」「どうしてそうなると思う?」という先生の声をしばしば耳にし、そのときの真剣に考える生徒の姿をよく目にします。丸暗記するように伝えるだけでなく、暗記したことが何に役立つのか、どこに繋がっていくのかなど、「なぜ?」の問いかけと結びつけその必要性についての説明がとても上手になされていると感じます。生徒の成長と成績向上のためいつも熱心に、生徒の学習状況を綿密に分析しながら授業構成を練っております

 

10月24日(木)"小学生遠足"
当塾近隣の伊丹市小学校は遠足の日でした。授業のある小6生の行き先は京都...。保護者の方より「帰路、バスが遅れらたら授業に遅刻するかもしれない」というご連絡を事前にいただきました、いつもご丁寧にありがとうございます。金閣寺、清水寺、二条城を訪ねたとのこと。以前、学校で取り組んでいる「カルタ(百人一首)」が好きで得意ということを本人が話してくれました。別件でのお電話でこの話題に触れたときに、お母様から「最近は和歌の意味にも関心を持ち出している」ことを教えていただきました。塾・学校・ご家庭の様子をお互い共有しあえて嬉しく思いますし、指導にどのように反映していくかのヒントになります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, ,

2013年10月25日

朋友アカデミー (14:57) | コメント(0)

カテゴリ:塾からのお知らせ

コメントする




« 中学生にお勧めの暗記法~学習塾朋友アカデミー | ホーム | 中学校文化祭 »

このページの先頭へ