イメージ画像

「一利」より「一理」~「井の中の蛙、大海を知らず」の"続・エピソード"からの学び

"井の中の蛙、大海を知らず"荘子の故事成語のひとつ。意味は"知識、見聞が狭いことのたとえ。また、それにとらわれて広い世界があることに気づかず、得意になっている人のこと。"

 

狭い見識にとらわれて、他に広い世界があることを知らないで、自分の住んでいるところがすべてだと思い込んでいる人のことをいいます。小さな井戸の中に住む蛙は、大きな海があることを知らないという意から、物の見方や考えが狭いことを批判する場合に多く使われています。英語では"He that stays in the valley shall never get over the hill.(谷の中に住み続ける者は、決して山を越えることはない)"などちょっと表現が変わってきます。

 

中国から伝わった寓話は
『井戸のふちに足をかけていた蛙が、海に住む亀にこう言った。「ボクはこの古井戸に住みながら青空を眺めることもできる。君も入ってみなよ。」しかし亀は「井戸の外には君の知らない大きな大きな海があるんだ。私は狭い井戸になんか入りたくないよ。」と返した。蛙は自分の知らない世界があることに驚き、亀は蛙の知る世界の狭さにあきれたとさ』

亀が蛙にあきれたこの寓話...実は蛙も亀にあきれていたのかもしれません。その後日本で「されど、地の深さと空の高さを知れり」という言葉が付け加えられ、「井戸の中なら空の蒼さや地の深さを味わえるのに、蛙はそれができない海にいる亀にあきれてしまう」というもの(定着しなかったエピソードですが...)

 

見聞を広めれば広い世界を知り、浅く知識をつけることができるが、一つの場所にとどまることにより、より深い知識を得ることもできる。荘子の寓話の続きに島国の性質を持った人々が付け足しそうな内容かもしれません。しかしこれは現世に定着することはなかったようです。「一利」を求めて広く浅くの世界を求めるよりは、「一理」を求める狭くあっても深い井戸の蛙にも価値を見出せるのではと思います。

井の中の蛙

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントする




« 学習意欲の喚起と継続 | ホーム | 冬の期間限定特別講習 »

このページの先頭へ