イメージ画像

朋友アカデミーの授業10月12日

2013年10月12日(土) 

学習塾朋友アカデミーでは

●数学得点アップショート講座

●質問教室②を実施しました。

okazaki2.jpg

対象学校・学年は ・天王寺中学校・1年~3年 ・仁川学院・2年

今回の中2数学の範囲は1次関数、

ショート講座では変化の割合をポイントを学習しました。

面倒でも増加量は差を式に書き出して、順序と符号に注意してほしいと思います。

board.jpg

高校:自習生 通塾生の妹がいる、大商学園の高1生(卒塾生)。

数週間前に保護者懇談にて母親から兄の様子を教えてくださり、今回自習で質問受付指導を行う予定でした。

指導単元は「2次関数・2次方程式・2次不等式」―どれも高1で必ず習得しておくべき重要な学習テーマです。

この3つは名前が2次○○ですから、いずれも有機的に結びついています。

2次方程式の実数解はグラフの共有点のx座標を表しています。

数学で大切なことは図やグラフでイメージが持てるかどうかです。

式変形も大切ですが、「視覚的に解く」ことが出来ると数学はぐんぐん伸びます。

入試問題でも少ない基本事項(定石:囲碁などで型にはまった基本的な戦略的手筋のこと)の組み合わせです、

当塾で受験学年(高3)を指導するときは、

「どんな発想で問題にアプローチできるか?」

についてできるだけ多くの

「いい解き方・悪い解き方」を経験・体感します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月17日

朋友アカデミー (18:53) | コメント(0)

カテゴリ:受験・入試情報

コメントする




« 朋友アカデミーの塾生は中学生でもこんな問題が解けます。(数学) | ホーム | 中学生にお勧めの暗記法~学習塾朋友アカデミー »

このページの先頭へ