「中学までなら数学が得意だったのに…」「高校になってからつまらなくなった」このような高校生は多いと思います。けれども、多くの大学受験には数学は必要です。なぜそうなってしまったのか?それは「理解する学習」から遠ざかり、ただ計算処理をするような数学になったことで面白くなくなったからだと考えます。楽しく「数楽」するためには「理解することを諦めない事」です。これを独学で進めていくことは難しいのではないでしょうか?独学ではなく数学を本当にわかっている人から指導してもらうことが近道。当塾の講師の頭の引き出しにはそんな理解するためのヒントがたくさん詰まっています。是非とも「そのヒントを覗いて盗んで?!」ご利用をご検討ください!