本日6月7日(水)、近畿圏は梅雨入りを迎えたようです。昨年より3日遅い梅雨入り〈平年並〉。また、梅雨明け予測も昨年より3日遅い7月21日だとか(気象庁)。しばらくジメジメした天気が続きそうです。梅雨といえば、田んぼでゲロゲロ大合唱してくれるアマガエル―住宅街では田んぼをみかけることが少なくなってきましたが、一匹ポツンと可愛らしくベランダなどに顔を出したりしませんか?私は団地住まいのとき、昆虫の生餌を与えていた思い出があります。ちなみに本能なのか動かない餌には興味を示さなかった記憶があります。アマガエルは屋久島から北であれば、日本全国、平野や低山にカエルの中でもっとも数多く、棲息しています。また田んぼで合唱が聴かれるのは、害虫の大発生やイネの食害を防ぐ役割があるのではないかと考えられています。兵庫県内には、アマガエルの他にも外来種であるウシガエルを除いて、13種類のカエル類が住んでいること知られていますが、残念ながら個体数は年々激減しているそうです。